9/8(土)19時/20時 クラリネット×打楽器の生演奏

クラリネット 小山洋子
koyama
1997年、東京藝術大学器楽科卒業。同年ドイツ国立ケルン音楽大学入学。2000年、同大学を首席で卒業。同年同大学演奏家国家資格課程(Konzertexamen)進学。2004年、同課程を最優秀で卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得。2004年より2007年まで、財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生として、同大学院にて研修をつむ。二ノ宮和子、竹森かほり、村井祐二、山本正治、四戸世紀、ラルフ マノの各氏に師事。これまでにソリストとしてダルムシュタット現代音楽祭、メンヒェングラートバッハ現代音楽祭、ケルンサミットなどに出演し、WDR放送局よりテレビインタビューを受ける。ケルン サウンドボックスよりトリオのCD発売や、室内楽オーケストラエクストラヴァガンテンのメンバーとして、数多くのCD録音がある。アンサンブル ノイエムジークに参加、ケルンフィルハーモニーホール等の数々の演奏会に出演。近年は、ソリスト及び、クラシックフィルハーモニーボン、ローテンブルグ室内楽オーケストラ等のメンバーとして定期的に活躍し、フランクフルト、ハイデルベルグやバード・クロイツナッハの音楽祭にソリストとして招待されている。パドヴァ国際音楽コンクール優勝、V.ブッキ国際コンクール第2位、S.オミッゾロ国際室内楽コンクール3位、チッタ デ キエリ国際音楽コンクール3位。

打楽器 小松玲子

7679

香川県高松市出身。東京藝術大学卒業。 コスタリカ世界竹会議への招待演奏、“メルボルンフェスティバル““うつくしまふくしま未来博”開会式に参加。 NHK“スタジオパークからこんにちは””メレンゲの気持ち”等に出演。 デビットマシューズ率いるジャズクインテット“MJQ”ジャパンツアーにゲスト出演。 全国育樹祭で皇太子ご夫妻の前でメタセコイヤを演奏。 打楽器アンサンブル”パーカッションミュージアム”のメンバーとして演奏活動を行い、 CD制作の他、数々の音楽祭に招待演奏。 ロンドンミュージカル、劇団四季”壁抜け男””ユタと不思議な仲間たち”等に参加。
和太鼓集団「鬼太鼓座」にゲスト出演、台湾、香港公演ではDVD制作にも参加。 久石譲の全国ツアー2008、CD、DVD制作に参加。 長崎で被爆した柿の木の2世を世界中に植樹することで『時の蘇生』を目指すアート・プログラム「柿の木プロジェクト」に音楽家として初参加、 委嘱した曲を演奏、CD制作。 中国・陝西省西安市、江西省南昌市へ高松市長のメッセージを携え表敬訪問。観光大使として音楽を通じての文化交流に努める。ボルドー音楽祭に参加。日仏観光交流会、ユネスコ国際会議、G7情報通信大臣会議等で演奏。 クールジャパン国際会議パリ公演で演奏。香川県にしかない石の楽器、サヌカイトの演奏家。ソロCD「LOVELETTER」「 voice of sanukite」、CD制作「LUZAZUL」サヌカイトユニット”LUZ AZUL”リーダー。朗読と奏ユニット二人組「かれん」主宰。 東京藝術大学管弦樂研究部非常勤講師を経て、現在、東邦音楽大学附属第二高等学校非常勤講師。高松市観光大使。平成28年度よんでん芸術文化奨励賞、東久邇之宮文化褒賞受賞。

随園別館 京橋店
電話予約 03-3527-9954
≪オンライン予約はこちら≫